(矢切地区の田園風景と松戸の斜面林)
本文へスキップ

オープンフォレストin松戸は松戸市内で活動している市民ボランティアの発案で実行委員会を立ち上げ2012年より毎年春に開催しています。

HEADLINE

 都市の身近な森の緑は心をいやし、空気をきれいにし、
夏には涼しい風を生み、小鳥や虫たちの生きる場所でもあ
ります。虫捕りをしたり、ドングリをひろったり・・
子どもの心身の健全な発育のための体験にも欠かせない、
大切な自然といえるでしょう。

 
松戸にも森の所有者の想いと、ボランティアの汗により
守られている森があります。
 かつて森は、家を建てたり道具を作ったりする木材を得
る場、肥料や生活の燃料を得る場としてとても重要でした。
しかし今、森は、不法投棄のゴミが散乱していたり、暗く
て危険な場所と言われたりするようになってしまいました。

 「緑は大切」「これ以上森が減らないといいね!」「森
がもっとステキになるといいね」そんな想いを持った市民、
森の持ち主、行政の担当者が考え、行動し、協力してき
たことで、松戸市内で多くの「ボランティアによる森の整
備活動」が始まっています。
 普段は自由に入れない森も多いのですが、オープンフォレストこの機会に森の中へ入って、森の風、森の光、森の香りを感じてみませんか!


*オープンフォレストとは?
 オープンガーデンは、一般に公開する個人や企業公共団体所有の庭園・塀や垣根などを自由に出入りできる様にしてありま。これの森版で普段入ることの出来ない個人の樹林地を所有者の協力を得て公開します。



 このページの先頭へ