オープンフォレストin松戸松戸のみどり再発見ツアー

矢切の斜面林と田園風景

「松戸のみどり再発見ツアー」は

 松戸のみどり再発見ツアーは、松戸市・松戸市緑推進委員会・みどりの行動会議や市民活動団体(緑のネットワーク・まつどなど市民ボランティア)と連携をとりながら緑のまちづくりを進めるために様々な試みを企画し活動を進めるなかで生まれました。

「松戸のみどり再発見ツアー」を行うことで、樹木・草花や水辺を身近に感じるとともに「みどりと暮らす豊かさ」に気づくきっかけづくりができたらと考えています。
・地域を歩きながらヒューマンスケールでのみどりの資源を発見しよう。
・景観、生態、防災、レクレーションなど多面的なみどりの働きを考えよ。
・みどりの持つ魅力や価値を共有し、地域の人々に伝えていこう。
・地域のみどり推進に賛同してくれる仲間を集めよう。
・地域のみどり推進のための計画や取り組みに活用しよう。

第1回目は、2009年(平成21年)11月29日にスタートして2016年1月には36回を数えました。
3年目以降は「緑のネットワーク・まつど」と松戸市の共催で年4回を基本に実施しています。

 
※これからの予定
東松戸の里山風景
                      












               

                               (東松戸の里山風景)

「松戸里やま応援団の紹介」

 松戸市で平成15年から毎年実施されている「里やまボランティア入門講座」の修了生が市内で里やま保全活動団体を立ち上げ、地権者と行政の理解・協力・応援を得て森の整備活動をしています。
 それぞれの会で独自に活動するほか、応援団全体としての活動も行っています。
 森は普段は立ち入ることが出来ませんが、それぞれの会の活動日に合わせて会の方と交流する事は可能です。訪問は希望する会の担当者に事前に連絡を取り直接訪ねて下さい。

詳細は「森のご案内」をご覧ください




オープンフォレストin松戸 実行委員会

HPに戻る

(矢切地区の田園風景と斜面林)

ページの先頭へ